FC2ブログ

富士山

富士山、大好きなオット。
富士山が見える場所から曇っていて富士山が見えなくても
富士山の位置がわかって、心の目でその姿が見えるらしいです。

佐久島からも年に数回、条件が合えば、富士山が見えると聞いて
「今日なら!」と何回かチャレンジしたけど
見えたことはなく・・・。

「光は見えるんだ。でも、姿は見えない・・・。見てみたい。」

ひ、光・・・!?
何の光?

あまりにも熱い語りに、飲んでいたお茶を吹き出しそうになってしまった私。

いつも冷静なオットなんですけど・・・。
冷静に熱く語ってるのですけど・・・。

ご、ごめん。
私も光も富士山も大好きだよ。

心の目では、見えてるんだね。

なるべく早く本物が見れる日が来るといいね。
私も楽しみにしています。

今年のテーマは「柔軟に」

少し前のことですが、
新年となって、初めてのJHASの研修旅行に参加しました。

研修会場となるホテルからの眺め。
初めて2階の部屋でした。
DSC_2211[1]

毎年、年の初めの研修で今年のテーマが発表されるのを
とても楽しみにしています。

今年のテーマは「柔軟に」。

かたくななところがある私にはとてもハードルの高いテーマです。

だからこそ!
学ぶ必要があるのです。

素直に、謙虚にを心がけて
柔軟になれるように、1年、がんばります。

あけまして おめでとうございます.

早起きして、オットと初日の出を見に行きました。

寺部にある「オーシャン」さんから。
DSC_2195[1]

初日の出の光を浴びながらいただくピザ&コーヒー。
一段とおいしかったです。

寒くて、ピザがみるみる冷たくなっていくので
慌てて食べました。
DSC_2198[1]

お酒と甘酒のふるまいをしてくださり
オット、あさイチで飲酒。

私は自家製甘酒をいただいて、あたたまりました。

DSC_2208[1]


今年もどうぞよろしくお願いします。

ひなたぼっこ

今日のめいちゃん。

ぬくぬく~。
DSC_2184[1]

でも、カメラを向けると、すぐ気づく~。
DSC_2185[1]

今年もありがとうございました。

新しい年が良い年でありますように~。

年末旅②

近江八幡市、日牟禮八幡宮へ。
DSC_2170[1]

中に、たねやさんの奉納品が展示されてました。
初詣のにぎわい前の静けさでした。
DSC_2168[1]


参道を歩くと「八幡堀」。
DSC_2171[1]


DSC_2172[1]


道路の向こう側には「白雲館」。
小学校だった建物が今は、観光案内所に。

DSC_2173[1]

古い街並みを歩いて
DSC_2174[1]


オットが行ってみたかった「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA」
DSC_2175[1]

それからまた日牟禮八幡宮に戻って「たねや」さんでランチ。
ここは、たねやさんの「近江八幡日牟禮ヴィレッジ」というのですね。
DSC_2183[1]

薪で沸かして「小豆茶」でもてなしてくれます。
DSC_2180[1]


新しい年を迎えるディスプレイ。
DSC_2181[1]

たねや膳をいただく前に、焼き立ての「つぶら餅」をただきました。
おいしかった~。
DSC_2176[1]


はじめに、「トマトの飲むゼリー」をオリーブオイルをかけて。
DSC_2177[1]

それから、どれもお好みでオリーブオイルをかけてどうぞ~、とのことでした。
オリーブオイル、すごくおいしかったです。
DSC_2178[1]

最後に「日牟禮餅」のデザート。
おいしい~!小豆茶ともよく合いました。
DSC_2182[1]


近江八幡の食材を使った、とてもヘルシーなお食事でした。

日帰りでも、お出かけって、いいですね~。

年末旅①

またも、オットに誘われるままお出かけ~。

チケットを買って、中に入ると、
DSC_2166[1]
ハリーポッターの守護霊か、
もののけ姫のシシ神様かと思うような作品が出迎えてくれます。

そこは、琵琶湖畔にある「佐川美術館」
DSC_2164[1]

近くで見るとこんな感じ。
すばらしいです。
DSC_2119[1]

開催中の「デザインあ展」
DSC_2120[1]

写真、いろいろ。
テレビで見ていた世界が見れます~。
DSC_2121[1]

DSC_2122[1]

DSC_2123[1]

DSC_2127[1]

DSC_2128[1]

DSC_2129[1]

DSC_2153[1]

DSC_2154[1]

DSC_2158[1]

オット、信楽焼のたぬきのデッサンに挑戦。
DSC_2141[1]

私は、「あ」を完成させ、
20191229.jpg

「ねじ」となって、あかりを灯すことに挑戦。
201912292.jpg

別の会場では「吉左衞門X 深見陶治×十五代吉左衞門・樂直入」というのが
展示中でした。

本当に、感動~!

入り口の作品。
DSC_2160[1]

入り口の風景。
この木も作品かと思ったら、座ってよかったみたい。
DSC_2162[1]

奥のテーブル横に、炉がありました。
DSC_2163[1]

茶室の見学ができるそうなので、いつか見学してみたいです~。

それと「平山郁夫」先生の作品が常設されていて
こちらも感動~。

旅は、続きます~。

休憩

休みの日はなるべくめいちゃんとお散歩に行くようにしています~。

この日も海へ。

DSC_2020[1]

海では鳥たちがたくさん休憩してました。
DSC_2024[1]

帰り道、電線に鳥たちが休憩してました。
DSC_2030[1]

私もめいちゃんも、いい休憩ができた日でした。

講座のお知らせ

講座を開催します~。

アロマスプレーは、いろいろな場面でなにかと活躍してくれます。

簡単ですので、アロマセラピーのはじめのいっぽとして
いっしょに楽しめたらうれしいです~。

お気軽にお問合せくださいませ~。
DSC_2017[1]

新年1月15日(水)10時~11時半も同じ内容で開催します。

研修会

月1回の研修会に行ってきました。

8月と12月はないので、今年最後の研修会でした。

今日も、忘れてしまっていた基本を思い出させていただきました。

実習は、腕とお腹。

こちらも我流になってしまっていたところを正したり
ツボの位置を再確認することができました。

さっそく、復習します~!

A先生、いつも、ありがとうございます!

秋のおでかけ

オットが誘ってくれて、
何かわからないけど行ったことない所だから行ってみた先は
「比叡山延暦寺の照隅祭の一隅を照らす」。

西塔に入って行くと迎えてくれたのが
京都造形芸術大学アートプロジェクトで
ヤノベケンジさんと学生10名で制作された「KOMAINU」。

資料によると「現在の地球環境の悪化、人類の分断や対立構造、国際紛争などから
世界を守るための守護獣」として奉納されたそうです。

見てると、迫力がありながらもどこかほっこりするようなユーモアも感じられて
争う気持ちもなくなって
地球にも人にも優しい気持ちになれそうです。


まさに守護獣。
DSC_1960[1]

DSC_1961[1]

DSC_1979[1]

さらに、常行堂・法華堂に展示されていたのは
京都造形芸術大学の
京都伝統文化イノベーション研究センター(KYOTO T5)の
「一隅を照らす」「提灯茶室」
DSC_1973[1]

DSC_1968[1]

学生さんがいろいろと説明してくれて
純粋な熱い思いがつたわりました。

京提灯の技術を見ているだけで癒されて
ずっとそこに居たいような
すっと見ていたいような気持ちになりました。

茶室も見ていると、自分の中の静けさを呼び覚ましてくれるような空間でした。

これは、写真ではなかなか伝わりにくいですね。
やはり、実際に見てみるって、大切なことだな~と思いました。

このあと、東塔へ歩いて移動。
山なので、けっこう急な坂道や階段があり、
筋肉痛になってしまいました。
(もちろん、アロマケアはかかせません)

修業された方たちは、この山をどれだけ歩き回ったことだろうかと
思いながら歩きました。

そして、根本中堂にある「不滅の法灯」も見ました。
創建以来、1200年絶えることなく灯り続けているって、すごいですね。

この灯りも、ろうそくの穏やかな光でした。

帰り道に「たねや」さんの「ラ コリーナ」に寄りました。

この建物は、建築家の藤森照信さんの作品なので
一度、見てみたかったのです。

こちらもそこにいるだけで、穏やかな気持ちになれました。

ソフトクリームや焼き立てのどら焼きが食べたかったけど
長い行列ができていて、あきらめました。
(この時は、ちょっと穏やかになれなかったけど・・・)

楽しい日帰り旅をありがとう~。