FC2ブログ

中学校入学

息子の中学校入学式でした。

朝、友だち5~6人集まって、みんな元気に出発しました。

慣れない大きめの制服。
慣れない、通学自転車。
そして、通学自転車にバックをゴムでくくりつけるという
慣れない作業。

初めて会う、先生、友だち。
初めて聞く校歌。

すべてが慣れないことばかり。

それでも、ごきげんで帰ってきて
なんだか楽しそう。

とりあえず、よかった~。


入学式から帰ってきた私を玄関まで迎えに来ためいちゃん。
おかえりー。
ただいまー。
IMG_20190404_113159[1]

小学校卒業。

ご報告が遅くなりましたが
息子、無事に小学校卒業しました。
IMG_20190320_090307[1]

最近では、ランドセルにメッセージをサインしあうんですね。

全然知らなくて、なんでランドセルを持っているのかな~なんて思ってました~。

なので、息子は自分のランドセルを持って行かず
友だちのランドセルにサインしてました。
IMG_20190320_112105[1]

ランドセルって、丈夫に作られているんですね~。
かなり乱暴な扱いでしたが
型崩れもなく、大きな傷もなく・・・
6年間、息子とともに歩んでくれました。

ランドセル、すごい!

6年間、過ぎてしまえば短い時間でした。

友だちに育てられた6年で
友だちに感謝しかありません。

ありがとう。

楽しい思い出

ゆうき「やってみようって、いい曲だね。この曲には思い出がある。」

私「へえ。どんな?」

ゆうき「○○と学校で歌った!これって、NANIWAだっけ?オレ、全部好き。」

(おしいっ!)

私「WANIMAだよ。」

○○と歌ったことが、よっぽど楽しかったのだな。

私にとっては、この会話が楽しい思い出です。

166.5cm!

新学期になって、身体測定がありました。

なんと!166.5cm!

学校で一番大きくなってました!

今までは、2番目だったり、3番目だったり。

かいわれのような、もやしのような
ほんと、毎日、目に見えて大きくなってた!

ちなみに、足も大きい!

いやはや、びっくりです。

ゆうき、12歳。

12月は、ゆうきの誕生日もありました。

ちょうどオットがケーキを買って帰ってきて
たまたま遊びに来ていた友だち数人と
いっしょにケーキを食べて、即席の誕生日会をしました。

「ハッピーバースデー、トゥーユー!」
ある子がいきなり、おわりのメロディで歌って、終わってしまったら、
「おわりかいっ!」とツッコミを入れる子がいて
一同、爆笑!

ゆうきがほんと、うれしそうで、いい誕生日でした。

お友だち、ありがとね。

去年の今頃は、ちょうど、義父の胃がんがみつかって
入院&手術。

そして、認知症の義母との同居がはじまりました。

私は、認知症のことも、義母のこともわからなくて
義母も生活が変わって、落ち着かなかったと思うのですが
夜中に何度も呼ばれて、トイレに付き添い
おしゃべりに付き合いしているうちに朝、という日が何日か続いていました。

見かねたオットが呼び出しボタンを使わせないようにしたら、
夜のトイレなども自分で行けてびっくり。
「行けたんだね~」

そんなふうに、着替え、食事、デイサービス、病院・・・生活すべて
ひとつずつ知っていくようなことばかりでした。

これをやっていた義父は、ほんとうにすごいと思いました。

そんな中、ゆうきが、6月から結成されるドッジボールのチームに入りたいと
暗くなるまで、暗くなってからも
私とキャッチボールの練習をしていました。

義母に合わせた生活で、
身も心も疲れ切ってたのですが
意気揚々と練習するゆうきの姿や
いっしょにボールを投げ合って、受け合ってという時間が
私にとって、どれだけ励まされたことでしょう。

あれからドッジボール、それからバスケもがんばってきたね。

両方とも市の大会を目指してできたチームなので
その大会が終わるとともに解散してしまいましたが
夏の暑い中、とてもいい経験ができたと思います。

ゆうきにとっても、生活環境が変わった1年でした。

今は、私の身長をいつの間にか追い越してしまいました。

いろいろあったけど、
生まれて来てくれて、ありがとう。

♪(るんっ!)

だいたい、お正月とお盆には、ゆうきも私の実家に行きます。

そのときにいる「メガネかけた女の人って、ママとどういう関係?」と
ゆうきが聞いてくるので
「ママのお姉ちゃんだよ。」と教えてあげたら
「ママ、3人姉妹だったの!知らんかった~!」と、驚く息子。

いや~、何回も教えたと思うけど
やっと、わかるお年頃になったのかな?

「オレは、3人の中でママが一番話しやすいな♪(るんっ!)」

「あ、ありがとう。一番長くいっしょにいるもんね♪(るんっ!)」

一番話しやすいと息子に言われて
素直にうれしい母でした。



ともだち

「〇〇君が、オレが初めて〇〇の家に遊びに行こうとしたとき
『今日、〇〇君の家に遊びに行っていい?』って
聞いてきたこと覚えてるって言ってた。

オレも覚えてる。

(もう1回)『今日~』って言った。」

ふたりとも、ステキな思い出のように話したことが
伝わってきます。

初めて遊びに行ったのは、保育園の頃だから3~4歳のときのこと。

その言い方が、その頃のゆうきそっくりで
(ま、本人なのですが)
あ~、そんなことがあったのかと
約7年後、初めて知りました。

そして、今、声変わりになりつつあるゆうきが
小さい頃の自分の言葉を言うのも
なんだか時の流れを感じます~。

さらに、家族以外でも、小さい頃のゆうきを覚えてくれてるって
うれしいですね。

ずっと、ともだちだね。

今日もありがとう~。

母、反省~。

「毎日、めいちゃんの歯みがきの練習をしているものの
なかなか歯みがきが好きになってくれない・・・」と、私がつぶやくと

「それでも、前よりみがけるようになってるじゃん!」と、ゆうき。

はっ!そうだった!

一気に好転することなんか、期待しちゃだめだ。
すこしずつ、すこしずつでも前にすすんでる。

めいちゃんもがんばってる!

その子、その子、その人、その人のペースがある。
あせっちゃ、だめだね~。

母、反省~。

男子って・・・。

今日は、1日雨降りでした。
このあたりも今日から梅雨入りだそうです。

夕方、出かける用事があって、車に荷物を入れて準備してたら
ゆうきが学校から帰ってきました。

傘をさしてもいいくらいの降りようだったのですが
持っていた傘は、閉じられたままで
まるで雨なぞ降ってないように歩いてました。

へ?

なぜに傘をささぬ?

じゃ、ちょっと行ってくるね!と出発してしばらく車で行くと
ゆうきの友だちも同じように歩いているのを横目で見ました。

男子って・・・。


明日もいい日になりますように~。

運動会

昨日は、ゆうきの小学校の運動会でした。

放送委員のゆうきは、トップバッターで場内アナウンスの役目がありました。
IMG_0893 (編集済み)

見ている聞いている私の方がドキドキしました。

何回か練習してきたのでしょう。
落ち着いてアナウンスできて、私の方がほっとして
家では見られないゆうきの姿に、母はうるっときました。

すっと来て、仕事を終え、すっと去っていく姿に成長を感じました。

そして、自分がアナウンスした短距離走でもがんばって走ってました。

ものすごい強風の中、
無事に小学校最後の運動会が終わりました。