FC2ブログ

ついに!

2月6日木曜日。

ついに!佐久島から富士山が見えたと大喜びのオット。

やったー!

ここからものすごく遠くに・・・。
FullSizeR(7)[1]

真ん中のちょい下の方に富士山の雪冠が見えます~。

富士山って、ほんと高い山なんですね。
FullSizeR(8)[1]

私では探せなかったですね。

オット、富士山愛が強すぎる~!

よかった。よかった。
何かいいことありそうな~。

富士山

富士山、大好きなオット。
富士山が見える場所から曇っていて富士山が見えなくても
富士山の位置がわかって、心の目でその姿が見えるらしいです。

佐久島からも年に数回、条件が合えば、富士山が見えると聞いて
「今日なら!」と何回かチャレンジしたけど
見えたことはなく・・・。

「光は見えるんだ。でも、姿は見えない・・・。見てみたい。」

ひ、光・・・!?
何の光?

あまりにも熱い語りに、飲んでいたお茶を吹き出しそうになってしまった私。

いつも冷静なオットなんですけど・・・。
冷静に熱く語ってるのですけど・・・。

ご、ごめん。
私も光も富士山も大好きだよ。

心の目では、見えてるんだね。

なるべく早く本物が見れる日が来るといいね。
私も楽しみにしています。

オットの引き出し

6日(日)、一色町で「ボヘミアン・ラプソディ」の上映会がありました。

私も行きたかったけど、用事があって行けないのを残念に思っていたところ
前日、お友だちが誘ってくれて、ご一緒したかったな~と
また残念に思いました。

と、オットに話したら
「あ、それ、明日だっけ?オレ行きたかったじゃんね」と。

「えーっ!あなたがーっ!?」

当日、さすがに私のお友だちと同伴しなかったけど
興奮冷めやらぬ感動で帰ってきました。

で、何やら封印していた扉を開けて
「あった!」と。

それは、オットが当時集めていたLP。
「クイーン」を取り出して、映画の余韻に浸って眺めてました~。

その棚にLPがあるのは知ってたけど
なんとなくそのままにしてました。

DSC_1908[1]

他にもいろいろなアーティストのLPがありました。

「あなたが、ジャニス?! あなたが、ツェッペリン?!あなたがアース?!」

びっくり!

ちなみに、他にも南こうせつ、井上陽水などフォークの方たちや
キャンディーズ、そして森田童子までも~!

全部で約60枚ほど。

実は、うちにはレコードプレイヤーがあるのです。
この開けない扉にLPがあるのは知っていたので断捨離できないでいました。

今、ぜひこのLPたちを聞いてみたいです~。

音楽を聞くのもアナログ盤って、ひと手間かかりますので
まだ聞けてませんが・・・。

祝!卒業!

オットががんばっていた通信制の芸術大学。

卒業論文を提出し、無事、合格!

めでたく卒業しました~!

「ディヴィヌ・ヴァレー」さんで、ささやかなおめでとうランチ。
お水で乾杯!

何回か、レポート提出があって
私にも見せてくれたのですが
むずかしいことはわからなくても
オットの芸術だいすき!な情熱だけは
どのレポートからも伝わってきました。

オットのおかげで私も芸術の世界が広がって
わくわくするような思いを何度もさせてもらえて幸せです。

ありがとう!

おめでとう!

ごちそうさま~!

IMG_20180304_112718[1]

IMG_20180304_113215[1]


IMG_20180304_114731[1]

出木杉君

私、ちょっといいこと言ったみたいで
オットが「きみさん、出木杉君みたいだね。」と。

ほめられたような、そうでないような。

「それより、あなたがひさしぶりにおもしろいこと言ったね。」と
ほめておきました。

またカラオケにつきあってあげます。

ハッピー!バースデイ!

オットの誕生日!

今年は、蒲郡のプランタンスズキさんのチョコレートケーキ!
そして、うなぎとひらめのおさしみ。

どれもおいしかった~!


お誕生日、おめでとう!
出会ってくれて、本当にありがとう~。

ちょっと、待ったー!

ちょっぴり、朝寝坊してしまったオット。

急いで、朝ごはんを食べ
「行ってきます」と、席を立ち
手にした物は、テーブルにおいてあったコーヒーポット。

そのまま、玄関に向かって急ぎ足。

「ちょ、ちょっと、待ったー!それ、ちがうー!」

毎日持って行く水筒と間違えたのだった。

朝から、大笑い~!!

人間好き。

オットは車が好きだ。

車検切れにあわせて変えるつもりで
ずいぶん前から、何軒ものディーラーさんに通い
インターネットであれこれ見て
ニソニソしている姿がとても楽しそうだったので
もう、車変えずにずっと悩んでいれば~と
母ちゃんが言ってしまった。

ある日「車、決めたよ。」と
嬉しそうに帰ってきたオット。

それは、これまで検討していたいくつかの車以外のメーカーで
母ちゃんは、びっくりした。

オットがその車に決めたポイント。
それは、営業マンの方のすばらしさだった!

その方は、車が大好きなようで
他社の車について質問しても
嫌な顔ひとつせず、すべてに答えてくれたそうだ。

そして、試乗しても
坂道、曲がり角など、いろんな道を選んで
ポイントを教えてくれたそうである。

さらに、車を売りつけようなんて
微塵も感じなくて
ただただ、車について
主人の疑問をすべて答えてくれて
車の楽しさなどを話して
なんだか、とても気が合ったそうな。

で、決めたそうな。

オットは人間好きでもあった。

オットの好きなものシリーズ。

オットは、出かけるのが好きだ。

なので、旅番組やグルメ番組も大好きだ。
すてきな場所やおいしそうなものを見つけると
すぐに、行きたくなってしまうようだ。

さらに「ノジュール」を定期購読している。

好きな場所は、京都・奈良。
マニアックな京都雑誌を取り寄せ、チェックに余念がない。

通い慣れた(?)京都・奈良の道には、かなりくわしい。

地図が頭に入ってるみたいで、
ナビがなくてもすいすい行ける。

もちろん、旅の計画は、オットが段取る。
どこに行くときも、
遠くても、近くても
私が楽しめるところと
ゆうきが楽しめるところを必ず入れてくれる。

この段取り力はすばらしいと思う。

いつも、楽しい旅をありがとう。