FC2ブログ

ありがとうございました!


ゆうきと同じクラスのお母さんに、観葉植物をいただきました。
だんなさんが趣味で、増やしたものだそうです。
ありがとうございました~!


そして、同じ方からいただいたサツマイモで
初めてスイートポテトを作ってみました。
行程は、簡単だったけど、できあがりは、なんだかパサっぽい。
でも、お芋がおいしかったので、おいしいって感じでした。
天ぷらや芋サラダにしてもおいしかったです。

また、チャレンジしてみよっと。

ありがとうございました!

ただただ、楽しい。

運動会の余韻は、まだまだ続いている。
ゆうきだけでなく、母ちゃんの中でも・・・。

「楽しんでる?」
「楽しんできてね!」
オットは、いつもいつも、そう私を励ましてくれたり
見守ってくれたりした。

今は、ゆうきにも、それを願う。

かけっこで1番じゃなくても、ぜんぜん気にしてない。
走れたことの楽しさ、走りきったことの爽快感しかないようだ。

ただただ、楽しい。
いつもと違う雰囲気の保育園。先生たち。
旗いっぱいの運動場。
飾られた門からの入退場。
練習とは違う、本番での体操も。
走る前の緊張感も。
全部がただただ、楽しい。
そんな感じが、ゆうきから伝わってくる。

ゆうきにとって、練習は、楽しいことばかりじゃなかったと
先生からも聞いている。

でも、本当にがんばったね、ゆうき。

親から離れる時間がこれからもっと多くなっていくけれど
こんな風に、どんなことでも楽しめる強さを身につけていってほしい。
母ちゃんもいっしょにがんばるからねっ!

また、運動会が始まった・・・。


↑ゆうき撮影の運動会の写真。

すばらしいお天気に恵まれて、無事に行われた運動会。
大勢の人が集まる中、ゆうきは大丈夫かと
先生も気になさってくれていたが、
もう、はじけてました~!

親子体操では、「ママへただよーっ」と
やりながら、ダメ出しする余裕も見せたり
にんじゃ体操では、隣の子のスペースをじゃまするほど
ノリノリの大きなアクション!
(本人は、踊りに夢中でわかってない)

そして、家に帰って、さっそくビデオ上映会。
それに合わせて踊ったり・・・
また、運動会が始まった・・・。

ほんと、がんばったねっ!
かっこよかったよっ!
楽しかったねっ!


↑にんじゃ体操の時、手首にはめていたもの。
先生の手作り。ありがたいです。

ほら、ゆうきみたいに!

明日は、保育園の運動会。

毎日、毎日、練習を重ねてきたことの集大成の日。
そりゃー、もう、ゆうきも毎日、毎日楽しくて、
楽しみで仕方ない日々だった。

年小さんは、「にんじゃってなんじゃもんじゃ」をやることになっている。
もともと、NHK「おかあさんといっしょ」で見て大好きだった。
この練習が始まったころから、鼻歌は、たいてい、これ。

最近では、自分の姿をビデオに撮って、チェック!
何度も撮り、何度も見て、うっとりしてる。

そして、先生になり、「ママ、ここの腕はピンとまっすぐだよ。」とか
「ここで足は、ま、げ、る。」と、言いながら
曲げる膝をぽんとたたいたりして。
「ほら、もっと、曲げて。ほら、ゆうきみたいに!」
なかなか、先にすすめない・・・。

さらに、運動会気分のテンションは、どんどん上がり、
予行演習のアナウンスの流れまで覚えて
「園長あいさつ。」「来賓あいさつ。らいひんって何?」
「園児宣誓。わたしたち、ぼくたちは、」なんたらかんたらと
一人運動会は、すでに始まっている。


ちょっと、ぐずっても
「足しゅりけんっ!」と言いながら
手裏剣を投げるまねをすると、パッ!とジャンプして
「もう1回投げてー」と、気分は、ころりと変わってくれたりして
母ちゃんもありがたいなーにんじゃってなんじゃもんじゃ、と思ってた。
このジャンプは、心じゃなくて、魂から動いてる感じ。
子供の純粋さ、素直さって、すごいっ!

明日、楽しみだねっ!

ゴロゴロ

朝、雷が鳴った。
ぜんぜん、たいしたことなくて、
ちょこっと、ゴロゴロしてただけなんだけど、
振り返ると、ゆうきが不安な顔して
しっかり、おへそを両手で押さえてました。

かわいいな~。

はい、はい。

「ゆうき、かたずけなさーい。」
「はい、はい。」
「返事は、1回!」

「ゆうき、着替えなさーい。」
「はい、はい。」
「返事は、1回でいいの!」

もう、誰の口癖をまねしてるのかしらーっ!


「ママ、お茶飲みたい~。」
「はい、はい。」
「ママ、お返事は1回なんだよ。」

げっ!母ちゃんだったーっ!
見渡せば、オットも、じいちゃん、ばあちゃんも
「はい、はい。」は、なかった。

「ママ、返事は、1回のお約束。」
「♪ゆびきりげんまん、うそついたら~。」と、ここまで歌って
「はい、おしまい。」と、指を離してさーっと行ってしまった。

たぶん、そのあとの「針千本、飲ーます」が、
ほんとうだったら、と、想像しただけで怖いのだろう。

私も、これまで、ゆうきと何か約束するときは
人差し指をからめて「○○のおやくそく!」としかやってこなかった。

指切りの歌は、保育園で教えてもらったのかな~?