FC2ブログ

パパ、お帰り~!

夜、ゆうきと寝ようと布団に入ったとき
玄関で音がした。

ゆ「パパが帰って来たんじゃない?」
母「そうだね。」
ゆ「ママ、ご飯のお支度するでしょ。」
母「ん~、ママ、疲れた~、起きられない~。」
ゆ「ママ、がんばって起きよ。」
母「ん~。」
ゆ「パパもお仕事がんばってきたんだから、ゆうきたちも
  がんばって起きよう。」
母、ハッ!と目が覚める。

ゆ&母「パパ、お帰り~!」
そして、オットも笑顔~。
いえーい!

素直

ゆうきが「やってはいけないこと」をやってしまったとき。
「ゆうきじゃないよ。」と平気で言うので
母ちゃんが「自分のやったことは、素直に認める!」というと
「はい、やりました。」と、そりゃー素直に言う。

ゆうきが歯磨きとかやってなくても
「やった。」というので
また、母ちゃんが「自分がやってないことも素直に認める。」と言うと
「はい、まだやってません。」これまた、素直に。

あまりにも素直で笑えてくる。

100本

とうもろこしがほんとにおいしい!

ゆうきもぱくぱく食べるし
家族全員、とうもろこし好きっ!

ほぼ毎日買っちゃうなー。

そこで、ゆうきが
「ママ、とうもろこし買って来て!100本買ってきて!」
と、オーダー。


100本あっても、平気で食べちゃいそう。

自転車

そろそろ、補助輪なしで自転車に乗る練習しようと
オットとゆうき、二人が、自転車を乗せて
碧南臨海公園に出発!

母ちゃん、ひとり、お留守番でゆっくり~という間もなく
送られて来た写メールはこちら↓



わーっ!すごいっ!
こんなにすぐに乗れてしまうなんてーっ!
びっくりでした。

やはり、初めは怖がってやめようとしたみたいだけど
少しずつやったら、すぐに乗れるようになったとのことでした!

がんばったねぇ!ゆうき。

パパ力だね!

ガールズトーク

Iさんのお孫さんは、小2と年長の女の子。

ゆうきが母ちゃんの実家へ遊びに行き
オットも仕事で留守。
ひとりまったりしているときに
ゆうきを遊びに誘いに来てくれた。

「ごめんね。ゆうきいないんだよ~。」と答えつつ
そのまま、3人でおしゃべり三昧。

「アンパンマンの椅子に座りながら美容院で髪切ったの~。」
「へぇ。そんなところがあるの?どこどこ?」とか。

「明日、誕生日でアイスクリームのケーキを買ってもらったの。」
「初めてだから楽しみー。」
「おばさん(母ちゃん)も食べたことないよ。ろうそく立つのかな?」とか。

なんだか、年齢を超えてガールズトーク。

話していると、近所の飼い猫ちゃんが寄ってきて、
するりとゆっくり歩いていくので
上のお姉ちゃんが、そーっと触ると
下の子が「どうだった!雲みたいにふわふわしてた?」と
キラキラの目で聞くのを見て
母ちゃんのほうがふわふわな気持ちになりました。

まったり~。
ふわふわ~。
ほわほわ~。

いいねえ。

さささっ

母ちゃんとふたりでいると、さらに甘えっ子になってしまうゆうき。

最近、日も長くなり、外で同じ年頃の子たちと遊ぶようになった。

ゆうきより小さい子が自転車の操作がうまくできなくて
20メートルくらい先で「助けて~」と叫んでいたのが聞こえ
母ちゃんが助けに行こうと走り出すより早くゆうきが猛ダッシュ!

さささっと助けてあげてた。

母ちゃん、びっくりだったよ。

ゆうきにそんな面があるなんて。
めちゃ、かっこよく見えたよ。

オットが久しぶりに一日休みだった日曜日。
ゆうきと母ちゃんと3人でラグーナに行き海を見ながらランチ。
クルージングに出航する船を見送りながらなんだかさわやかな気分。
外でいただくご飯はおいしいですね。

その後母ちゃんだけショッピング。
ゆうきとオットは海へ遊びに行きました。

砂浜にいたカニをたくさん捕まえて
母ちゃんに見せたら満足し、
母ちゃんが海に返しに行くはめに。

家に帰ると、またゆうきと遊んでくるからと
二人で出かけてしまった。
そして、母ちゃんは昼寝。

元気よく帰ってきた二人。
碧南臨海公園で自転車を乗りまくってたんだって。
元気やな~。

晩ご飯とお風呂に入ったら
蛍を見に行くことになり、風流な近所のIさんから聞いた
車で20分くらいの穴場的蛍スポットへ出発。

ゆうきは初めて見る蛍に大喜び。
幻想的でとてもきれいでした。



また来年も見れるといいな。

美しい自然とおだやかな日々がずっと続きますように。

充実した休日をありがとね、オット。