FC2ブログ

観覧車

先日の土曜日、ラグーナに行ってきました!

ゆうきが観覧車に乗りたがり
他は乗らない約束をして
はっきり言いまして、母ちゃん、いやいや乗りました。

もともと、観覧車があまり好きでないのです。

狭いところで途中降りられない密閉感がどうにも苦手・・・。
もしかして、そんな前世があったのかな~。

しかも、値段が高いっ!
二人で1,200円なりっ!

いつも明石公園とか岡崎南公園とか
100円で乗れるところばかり行ってるので値段にもびっくりです。

せっかく乗ったので、写真撮っておきました。
雨で、お天気良くなかったけど。

ゆうきは、大喜び!


そうそう、前から行きたがっていた「ラグナシア」。
下からは高い壁で、中が見えないので、いつか入ってみたい~夢のようなところ~と
思っていたのでしょう~。

観覧車の上から中が見えて
ジェットコースターがビュンビュン動いているのをみて
「ゆうき、6年生になってから行くことにする」と
思い直してくれました。

「じゃ~、そうしようね~。」と
丸くおさまり、観覧車に乗ってよかったこともありました。

やっぱりいいな~。

「ゆうきは、ゆうき大好き~!って抱きしめよう~!
ほら、ママもやってごらん。こうだよ。」

なぜか、突然言い出した。
そして、ぎゅーって、自分で自分を抱きしめてる~。

「ママは、ママ大好き~!ぎゅーっ!」
と、言われるままにやってみた。

そうだった。
アロマサロンをやりたくて
「aroma HUG」って、名前だけ決めて
ブログの引っ越しをしたんだった。

なのに、アロマからちょっと離れた暮らしをしてました。

ひさびさに、遊びに来たKさんにトリートメントのしやっこして
お風呂上がりのゆうきにラベンダーのクリームで簡単トリートメント
オットにはエネルギーアップのオイルで背中のトリートメント。

やっぱりいいな~。

初心を思い出させてくれて、ありがとう!

俺ゲーム持ってねえからさ。

ゆうきの保育園バッグからこんなものが出てきました。

「これなあに?」と聞くと
「あ、これゲームだよ。俺ゲーム持ってねえからさ。」
IMG_1613.jpg
開くとこんな感じ。

小学生のきょうだいがいる子の家に遊びにいくと
必ずといっていいほど、持っていて
お兄ちゃんがやってるのをやりたそーに見てるゆうきを
母ちゃんは、何度も見たよ。

「ここを押すんだよ。」とお手製のゲームのやり方を教えてくれて
母ちゃんもチャレンジしてみました。

ゆうきの予定(決定)

大人がカレンダーに予定を書き込むのを見て
ゆうきも勝手に書き込んだ。

1月7日(土)は、「でんしゃ」に乗るとゆうきの中で決めたそうだ。
とにかく、この日を楽しみしているので乗ることにした。
吉良吉田から蒲郡まで、約30分。
途中西浦で待ち合わせ4分あり。

車内はすいていた。
ゆうきもるんるんで、窓の外を眺めたり
車両の連結部分がゆらゆらするのを不思議がったり。

そして、蒲郡駅で母ちゃんが大好きな立ち食いきしめんとおいなりさんを食べて
また、電車に乗り、今度は競艇場前で下車。

近くのマックで、車のオットと合流。
そして、帰宅。

ゆうきとのこの小さな冒険。
楽しかった~!

そして、さらにカレンダーには
IMG_1611.jpg
1月8日は「ばすにのる」。
と、ゆうきの予定。(決定)

が、その日、大人たち(親たち)は、大きいお風呂に入りたかった。
急遽、「天の丸」に行こう!と3人の気があった。
そんな中、ゆうきは「バス!バス!」と言いつつ
天の丸のブッフェ昼食&お風呂を楽しんだ。

IMG_1560.jpg
すばらしい眺めでした。

帰り道。
じゃ、バス停に行ってみようと向かったところ
目の前で発車し、乗れなかった。

ゆうき、大泣き。

このひ、ゆうきにとっては「ばすにのる」がすべてで
ランチや大きなお風呂なんて、どうでもよかったのだった。

この路線のバスは、1時間に1本だけ。

ここは、ゆうきの決定を尊重してあげようと
1時間後のバスに乗れた。

ゆうき、ご満悦。
IMG_1564.jpg
ドキドキしながら、降りるボタンを押しました!

また、ゆうきとの小さな冒険。
楽しかった~!

お正月

遅くなりましたが
あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年もお友達のお花の先生、Hちゃんに
お正月のアレンジフラワーを作っていただきました。
きゃー!すてき!
オットも元旦に集まる親戚も毎年喜んでくださいます。

「笑顔で仲よく」は、うちの家訓のようなものです。

玄関には、お飾りさん。
IMG_1507.jpg

恥ずかしながら、床の間は、母ちゃんがいけました。
IMG_1505.jpg

すっちゃかめっちゃかでしたが
にぎやかで、いいお正月でした。

Hちゃん、ありがとう!

Hちゃんは、20年以上もお花に携わる仕事をしています。
正確にはわからないけど、出会ったときからそうだったから。
お花を受け取ったとき
「お金はないけど、お花の仕事がひろがって、忙しい1年だった。
たぶん、続けて来たから、口コミで広がったと思う。
体も元気もりもり!」と、まぶしい笑顔を見せてくれました。

続けるって、本当にすごいことだとおもういます。
Hちゃんは、たぶん、一度も教室を休んだことないと思います。
それは、本当にすごい!
生徒さんがどんどん増えて、
依頼が増えたのも
彼女の謙虚さと芯の強さではないかと思います。

あ、でも、こんな解説はいらないか。

花を見れば、わかるもんね。