FC2ブログ

怒れちゃった時は

つづき。

ゆうき「それからね、怒れちゃったときは
アロマ部屋に1人でこもって、今日のごはん何にしようかな、とか
楽しことを考えるんだよ。」

私「はい、そうします。」

仲直りの仕方

春休みで、なにかとゆるみっぱなしのゆうきを
やっとお布団に連れてった夜。

オットがおどかしてきたので
猛烈に怒ってしまった。
「びっくりしたじゃん!何時だと思ってるの!
静かにしなさい!」って、私が一番うるさい?

そのまま部屋から出て行ったオット。
(怒ったからじゃなくて、たぶん、何か用があったと思う)

それを見ていたゆうきが
「だれも悪くないよ。ママは、注意しただけだから」

私「でも、やっぱり、ママは、注意だけじゃなくて
怒っちゃったからそれはママが悪いよ。謝ってくる」

ゆうき「そうだね、怒ったときのママ、怖かったよ」

ゆうき「まず、ママがごめんねっていうんだよ。それから自分の悪かったところをいうんだよ。
そしたら、パパがごめんねって言って、悪かったところを言うんだよ。
それから、握手すれば、ずっと友だちでいられるよ」

私「ありがとう。じゃ、そうするね」

8歳の息子にこんなことを教えられるなんて~

トホホです。

とにかく、朝、お互い謝って、握手して仲直りしました。

佐久島旅番外

「どこからのぼったか、わかる~?」
「それよりヘルメット、とろうよ~」と私。


「オレ、走る!」
「それよりヘルメット、とろうよ~」と私。
IMG_9460.jpg

私たちに気づいて、鳥たちが一斉に飛び立ち、
その中の1羽が棒の上に止まりました。
それを見たゆうきが
「あれは、きっと先生だ」。
IMG_9404.jpg

「この子は、ぜったいビリーだよ」とゆうき。
IMG_9477.jpg

佐久島らぶ!

佐久島旅④

弁天サロンでは雛祭り展が開催されていました。
IMG_9486.jpg


帰りの船を待ちながら~。
IMG_9489.jpg

私たちの自転車も船を待ってます。
IMG_9492.jpg

いざ出航!
IMG_9493.jpg


自転車で走ったコースを船から眺めながら~
IMG_9494.jpg

楽しかったな~。佐久島旅。
ゆうきも「オレ、佐久島大好き~」

また、来ようね~。

佐久島旅③

西港へ向かって行く途中、
佐久島のアイドルやぎの「のんとビリー」にごあいさつ。

IMG_9474.jpg


それから、ゆうきが一番行きたかった「もんぺまるけ」さんへ。

IMG_9480.jpg

なつかしい~。
IMG_9479.jpg

ずっと庭のハンモックに揺られてました。
IMG_9482.jpg


お昼が早かったせいか、もりもり食べた私たち。
オーガニックコーヒー、おやつ3種盛り、スコーン、自家製アイスクリーム
IMG_9484.jpg

さらに、ランチを追加~。
かまどで炊いたごはん、たけのこのフライなど~
ぜ~んぶ、おいしかったです~。
IMG_9485.jpg


ふたり、すっかり癒されました~。

佐久島旅②

「星を想う椅子」から、を少し進むと海岸線の道が行き止まりになり
自転車をひっぱって、ハイキングコースの山道へ突入~。

途中からの合流で方向感覚がわからなくなり
ちょっと不安になりながら山道を行くと
民家の集落が見えてきて
ほっと一安心~。

東港で早めのランチをして
次に目指すは「秘密基地アポロ」。
「秘密基地」と聞くだけで、わくわくのゆうき。

アポロの出入り口。
秘密基地らしく、狭いところがいい。
IMG_9444.jpg
アポロ外観。
IMG_9448.jpg
アポロの中を満喫すると
ゆうきが「秘密基地を作るのにすごく参考になった」とつぶやいた。
「オレの秘密基地は、まだ場所が決まっているだけだから・・・」

「そうなんだ~。よかったね~」

と、このアポロのいいところを二人で言い合いながら
次へと出発しました。

次は「イーストハウス」。
青い空、青い海。
白さがまぶしい!

そして、その白いヘルメットを取ってと何度お願いしても
かぶったままのゆうき。
IMG_9458.jpg

佐久島旅①

佐久島へマイ自転車を持ち込み、サイクリングをしてきました。

ゆうきと二人旅。

これまでは、歩いての移動ばかりだったので
初めての道を行ってみました。

ゆうきは、学校指定のヘルメット着用。




左手におだやかな波の音、
右手にウグイスのきれいな鳴き声を聞きながら
気持ちよく自転車をこぎ
最初に目指したのは、一番新しいアート作品「北のリボン」。
滑り台ではなかったです~。
IMG_9414.jpg

さらに、海岸線を走り、到着したのは、「星を想う椅子」。
なぜかゆうきは、ここの前で「ラッスンゴレライ」を踊ってました。
IMG_9430.jpg

皆勤賞!

ゆうき、2年生は無遅刻、無欠席の皆勤賞でした!
がんばったね~。

賞状をもらって、喜んでました。

「行ってきます」と言いながら出かけるゆうきの背中を見ると
成長しなたな~と思いつつ
まだまだ小さな背中に
「今日も楽しくすごせますように~」と思います。

そして、「ただいま」の声を聞くとほっとします。

そういえば、元気に帰ってきて
「ママ、早く学校へ車で送って!」とせかされるまま
乗せて行ったことがあります。

学校に着くとすばやく飛び出して
職員室へ走るゆうき。

「なんだかわからないけど、ここで待ってるから~」と
ゆうきの背中に向かってとりあえず伝えました。

少し時間が経って、○○先生(私の知らない先生)と出てきて
「ママ、もう少し待ってて」と
取り急ぎの伝達があり
今度は出てきた担任の先生から何かを受け取り話している。

待っている間
「ゆうき君は、優しい子ですね~。
お母さんですか?
すばらしいですね!」と
わけもわからず私までほめてくれる○○先生。

「いやいや、すばらしいと思えるあなたがすばらしい」と思いつつ
「私は、言われるまま乗せてきただけで~」

そうこうするうち
帰ってきたゆうきを
担任の先生、○○先生ともに
「優しい!」「よく気がつく!」とほめちぎってくれて
親子でなんだかとってもいい気になりながら車を発車!

さらにゆうきから
「◎◎の家へ行って」と新たな指令が。

「はい、はい。」また、言われるままの私。

到着すると、さっさと降りて、出てきたお母さんにさっきの物を渡すゆうき。

休んだお友だちの家に一番近いゆうきが
プリントなどを持って行ってあげてほしいと
担任の先生からたのまれたけど
担任の先生が渡すのを忘れて
ゆうきもそのまま帰ってきてしまったようでした。

きっと、帰り道に思い出したのかな?

めでたく任務完了!
ほっとしたようでもあるけど
別に~このくらい~の顔もしてる。

へぇ~、こんなことできるんだ~!
ゆうきは、先頭に立つタイプではないし、
人のためにこんなに動くゆうきをなかなか見たことない。
へぇ~!な出来事でした。

通知表には、
「給食を食べるのが遅い子の食器集めをする姿も見られました。
友だちの手助けができる優しさを持ち続けてほしいです」と
先生からのコメントがありました。

ほんと、そうですよね~。
優しい気持ち、親としても忘れないように持ち続けて
ゆうきと少しでも長く優しい時間を過ごせるようにしたいです。







泥遊び

雨上がりの夕方
ご飯を作っていたら、玄関のチャイム。

近所の奥様が
「お宅のぼっちゃんが田んぼにはまって出られないよ~」

ひえ~!
長靴をはいて、あわてて田んぼへ走る私。

友だちと二人、すっかりはまりながらも
満面の笑顔のゆうき。

友だちは、靴の片方が行方不明になっていた。

家に帰って、玄関で服をぬがせて、お風呂に直行。

鼻歌を歌いながら、気持ちよさそうにお風呂につかるゆうき。

こんなことも、この時期だけかな~と思う。
(そうであってほしい)

日々のできごと

今日、自転車に乗ってたら
(ロードバイクです。)

かなりご年配のママチャリに乗ったご婦人に
「今日は、自転車でも気持ちいいね~」と
声をかけられて、すてきな笑顔で追い抜かれました。

私もそんなパワフルに年を重ねたいと
しゃかりきにこぎまくりました。