FC2ブログ

秋のおでかけ

オットが誘ってくれて、
何かわからないけど行ったことない所だから行ってみた先は
「比叡山延暦寺の照隅祭の一隅を照らす」。

西塔に入って行くと迎えてくれたのが
京都造形芸術大学アートプロジェクトで
ヤノベケンジさんと学生10名で制作された「KOMAINU」。

資料によると「現在の地球環境の悪化、人類の分断や対立構造、国際紛争などから
世界を守るための守護獣」として奉納されたそうです。

見てると、迫力がありながらもどこかほっこりするようなユーモアも感じられて
争う気持ちもなくなって
地球にも人にも優しい気持ちになれそうです。


まさに守護獣。
DSC_1960[1]

DSC_1961[1]

DSC_1979[1]

さらに、常行堂・法華堂に展示されていたのは
京都造形芸術大学の
京都伝統文化イノベーション研究センター(KYOTO T5)の
「一隅を照らす」「提灯茶室」
DSC_1973[1]

DSC_1968[1]

学生さんがいろいろと説明してくれて
純粋な熱い思いがつたわりました。

京提灯の技術を見ているだけで癒されて
ずっとそこに居たいような
すっと見ていたいような気持ちになりました。

茶室も見ていると、自分の中の静けさを呼び覚ましてくれるような空間でした。

これは、写真ではなかなか伝わりにくいですね。
やはり、実際に見てみるって、大切なことだな~と思いました。

このあと、東塔へ歩いて移動。
山なので、けっこう急な坂道や階段があり、
筋肉痛になってしまいました。
(もちろん、アロマケアはかかせません)

修業された方たちは、この山をどれだけ歩き回ったことだろうかと
思いながら歩きました。

そして、根本中堂にある「不滅の法灯」も見ました。
創建以来、1200年絶えることなく灯り続けているって、すごいですね。

この灯りも、ろうそくの穏やかな光でした。

帰り道に「たねや」さんの「ラ コリーナ」に寄りました。

この建物は、建築家の藤森照信さんの作品なので
一度、見てみたかったのです。

こちらもそこにいるだけで、穏やかな気持ちになれました。

ソフトクリームや焼き立てのどら焼きが食べたかったけど
長い行列ができていて、あきらめました。
(この時は、ちょっと穏やかになれなかったけど・・・)

楽しい日帰り旅をありがとう~。

コメント

非公開コメント